• CANA

なんで死ぬ前だけが優雅なのか

#今でしょ #死ぬ前って遅い #クオリティをあげる #夢は予定 #予定は現実 #フィレンツェ #出張マッサージ #フィレンツェマッサージ #やまだかな

生活と暮らし

つい先日、『暮らし』という言葉について考えていて、

気づいたことがありました。


『暮らし』って、『生活』と同義のはずなのに、

なぜか、『暮らし』の方が優雅な気がする!


『生活』っては、慌ただしくて、現実で、わちゃくちゃしていて、

ただ通り過ぎる日常で、理想とは異なるもの。

というのが、どうやら、私の生活のようでした。




今送っているのは、『生活』で、『暮らし』じゃない・・・。




しかも、今送っている『生活』は、どうやら、理想ではなくて、

余裕のない、夢のない現実なのか・・・。




そう思ったら、なんだか、『生活』を『暮らし』に変えてみたい。

優雅な『暮らし』を『生き』たい!と思うようになってきました。




わたしにとっての『暮らし』って?

今の、わたしの『生活』は、すごく慌ただしいのが現状だけど、

どんな『暮らし』をしたいのか。

『暮らし』という言葉のイメージを膨らませてみました。

 

そうしたら、

『暮らし』とは、優雅なもの。老後の生活。時間が豊かに感じる生き方。

五感を繊細に感じることのできる空間。毎日が新しくて、鮮やか。

色彩が豊か。身体が緩んで、伸びる感じ。生き生きして、丁寧。



こんな言葉たちが並びました。





いや、ちょっと待て・・・。



なんで、老後やねん!今、ちゃうんか?!などと突っ込みながら、

老後でないと、豊かな暮らしができないという思い込みさえあったりして、

言葉のイメージを書きだして、びっくりしたりもしました。


 

さて、イメージが出揃ったところで、これに沿った生活をしてみたら、

暮らしに変わるやもしれぬ!と

できることをしてみることにしました。



空間づくり

とは言っても、急にインテリアを変えるわけでもなければ、

いつも住んでいる空間は変わらないわけです。

 

でも、それでもできることはたくさんあります。


まず、したことは、日常の細々としたストレスを減らす。

それは、ちょっとした紙くずをそのままにしないとか、

化粧品を使いやすい置き場に配置するとか、

子どもの散らかしたおもちゃを片付けるとか、

コンロ周りの油汚れ、鏡の水垢汚れを綺麗にするとか、

少しでも汚れたテーブルクロスを変えるとか、

たたんでいなかった洗濯物の山を整えるとか・・・。


別に、放置してても問題はないけど、

イライラしている時に、床に落ちている紙くずに、さらにイラっとするなら、

ほんの少しのストレスも、視界から消すということを

徹底的にしました。

 



時間を豊かに感じるには、時間を楽しむ余裕を作ること。


夕飯を、朝の時間に仕込めるだけ仕込んだり(野菜のカット・煮物など)、

TO DO LISTを作って、無駄な時間を減らしたり、

一人の時間を作って、読書をしたり、アロマを焚いたり。

 






味覚も然り。

普段の、『栄養があって、健康になれる』だけのメニューから、

そこにプラスして、『食べるのが楽しみになる』色彩とデザートを追加。


これ食べ終わったら、美味しいケーキが待ってる!

と、思うだけで、ワクワクできる気持ちに早変わり、しました。



身につけるものも、

今、自分の好きな香りをまといたいから、

ヘアワックスもその日好きな香りをチョイス。(→10月24日にワークショップします)


香水から、自分好みのアロマ調香に変えて、

部屋と服にスプレーをシュッシュ。



生活のクオリティを少し上げるだけで、

暮らしに近い生活が始まったように思います。



イメージをつくる

誰も、私の生活について、興味がないのは重々承知!

でも、これを敢えて書いたのには、一つだけ理由があります。


それは、『イメージをつくる』ということ。


これは、普段、提供しているマッサージや、

遠隔で提供しているエネルギーワークにも通じることなのですが、


身体のコリをとって、痛みをなくすイメージをする。

夢を叶えた先に、とりたい未来のイメージをする。


それだけで、健康も、将来の夢も、90パーセント叶ったも同然なんです。



肩こりがある、と思い込んでいたら、

いくらマッサージを受けても、肩こりは永遠に治りません。

肩こりがあるけど、マッサージ後には、肩に羽が生えたかのように楽になる

と思っていたら、だいたいはそうなるものです(笑)


イメージは現実化すると言いますが、

イメージをどれだけ、自分の中に落とし込めるか、がコツ。


その落とし込みは、なかなかに難しいので、

例えば、言葉のイメージを考えてみるというのは、

すごく有効です。



あなたにとっての、『生活と暮らし』って、どんなイメージですか?

是非、ノートに書いてみてくださいね。



CANA





69回の閲覧

© 2018 by LOKALILA. 

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon